MCCB:モジュラー集団制御バリア - Mifram Security
Navigation Menu Call Now!
  • en
  • fr
  • de
  • es
  • ja

MCCB:モジュラー集団制御バリア

モジュラー集団制御バリア(MCCB)は、法執行と公共安全機関が、高レベルミッションの効率的かつ費用を抑えた集団制御、道路封鎖、経路設定、安全確保を目的に実行するモジュラーユニットの設置、解体、取扱い、維持、保管が簡単なバリアです。

特許出願中
イスラエル警察防犯耐衝撃性集団対抗レベルに選ばれています。

MCCBは、複数の重大レベルで各種ミッション対応に最適です。このソリューションの採用は、軽度から重大までの状況の変化に応じて現場で決定されます。

オペレーション:

「T」型で接続された二つのモジュールをアンカーとして使い、他のモジュールをそれにそのままつなぎ、あるいは重大性増加に応じてさらに「T」型に使うという発想です。

MCCBは、同一フラット金属モジュールで構成されたシステムです。各モジュールは平らなフレームで作られ、内部のバーと金属板で補強され、カスタマーの特殊ニーズに合わせて工夫されています。

接続レバーがフレームの上部バーに取り付けられ、蝶番で自由に動くようになっており、エッジに固定できる構造になっています。保管、移動の際は、レバーがフレーム内部に折りたたまれ、幅広にはなりません。

モジュールは山積みにして保存・移動できるのでかさばらず、スペースの効果的な使用と少ない車両、人員による迅速な配備が可能です。

モジュールの重量は、既存標準モジュールをはるかに下回ります。扱いも便利で、女性職員や年かさのいかない若者を含むあらゆる人員が作業できます。

以下の二つが、このモジュールの設置、安定して各地の状況に適合できるバリアの主な作製方法です:

  • 標準(軽度)オペレーション・モード:この方法では、モジュールは表面に一つ一つ設置され、横のロックでお互いにつながれます。それぞれの脚で直立状態になり、レバーで支えられます。レバーは角度を持ってメインフレーム方向に開けられ(そして制御チェーンで止められ)、固定メカニズムエンドで表面にもたれる形になります。この方法は、経路設定、危険物接近防止、そして穴や隆起などの障害物のマーキング等を目的に、穏やかな一般市民向けで利用されます。
  • 重大オペレーション・モード:この方法では、一つのモジュールが表面上水平に設置され、一つがそれと垂直かつその上部に、一方その脚は水平モジュール・バー上の適地に位置付けられます。水平のモジュールのレバーが希望に合わせて垂直フレームに接続され、自身のレバーは水平フレームに接続されます。その後固定メカニズムで簡単に固定され、この設置方法により頑強、自己安定、逆さま「T」型バリアが作られます。その組み合わせモジュールのチェーンをつなぐことによりフェンスは著しく頑強で安定したものとなり、集団が倒すことができないようになります。集団側の固定メカニズム箇所は、集団によるこの建造物解体のための接近を阻止する構造になっています。水平モジュール上の集団の重量が抵抗力となってバリアに加わります。
  • 中程度の重大オペレーション・モード:この「T」型建造と標準モジュール、並列の組み合わせが特殊イベントでの現地状況に応じて利用可能です。一つの「T」型モジュールが各サイドで一つまたは複数の標準モジュールとつながれるわけです。

優位点:

  • 軽量 ― 誰にでも扱いやすい
  • 狭小保管占有場所 –保管・展開時のスペース削減
  • フレキシブル –各重大性レベルの各種ミッション解決に最適。このソリューションの採用は、状況の変化に応じて現場で決定。
  • 効率的 –「バリアの長さ/輸送・保管スペース」の効率性要因を重視し、非常に効率的。
  • 抑えた価格 –モジュールの簡易性が比較的ローコスト生産となって、短期的かつ長期的な高い費用効果を実現。
  • 頑強 – MCCBは、「T」型建造による特殊機能、2種類の建造方法の組み合わせ、そして各モジュールの頑強工法により、最も厳しい環境条件と集団圧力に耐える設計。

補足情報

こちらのフォームを送信いただいたお客様には、折り返しご連絡を差し上げます。

Looking for a local distributor? Or want to become one?
For additional information:

Please use this form to introduce yourself

Please use this form to introduce yourself